日々、気になったトッピクスよりハイカラー的角度からピックアップ Vol.5

HaiColor / ハイカラー

CLIP | INFORMATION

2018.4.15

日々、気になったトッピクスよりハイカラー的角度からピックアップ Vol.5

ネットニュース・新聞・テレビ・
口コミ・SNS...

日々、情報は溢れて止みませんね!
そんな中から気になった話題を
ハイカラー的角度でご紹介。


4/13
 - 金 -

Entertainment / ホテル椿山荘東京

人工的ではない光が舞う
風物詩


 
今日のトピックス概要
 
引用/
5月中旬に、東京の真ん中で蛍が飛翔予定!
蛍観賞を楽しむ贅沢なひととき「ほたるの夕べ」を開催

ホテル椿山荘東京(東京都文京区)では、蛍の飛翔前の行動としての「上陸」(さなぎになるため、水中から陸に上がる)を、4月7日(土)の夜に目視で確認できました。本年も5月中旬頃から、蛍の美しい飛翔を皆様にお楽しみいただける予定です。蛍の初飛翔の時期は、5月中旬ということは変わらないのですが、ここ数年以下のように早まっており、今年も気温が高まりを見せる場合、更に、飛翔時期が早まる可能性があります。
という内容。
 
 
引用/ 蛍の初飛翔の時期は、5月中旬ということは変わらないのですが、ここ数年以下のように早まっており、今年も気温が高まりを見せる場合、更に、飛翔時期が早まる可能性があります。2014年 5月18日、2015年 5月16日、2016年 5月10日、2017年 5月13日。なお、幼虫が陸に上がってから初飛翔までの日数は、日々の気温が関係しているのではないかというミステリアスな仮説があり、ホテル椿山荘東京では、2018年もこの仮説を検証する観測を行います。夏に飛ぶイメージの蛍ですが、東京では初夏の風物詩として、毎年5月中旬から6月末頃にかけて蛍を観賞できます。
 
ハイカラー目線
ハイカラースタッフ | HiRoyuki
・本日は、少し先の話題「東京のホタル」について取り上げました。ホタルの飛翔は桜の開花と同じように時期を推測するのがむずかしい季節の風物詩のひとつですね。私自身、小さい頃はよく祖母の家(九州)でほんとに無数のホタルに囲まれる経験を幾度もしたことがあります。ところが、20代以降はホタルを見た記憶がありません。都内でこうした光景を見ることができるのは貴重ですね。
 

ホテル椿山荘東京は、昭和23年、当時の所有していた藤田興業の創業者、小川栄一が「戦後の荒廃した東京に緑のオアシスを」というおもいの下に、一万有余の樹木を移植し、名園椿山荘の復興に着手されたものだそうです。それが、現在でもホタルが集う場所として残っているところに現在でも愛される理由がうかがえます。また、ホタル以外でも庭園は文化財を楽しむ場としても四季折々多くの人が訪れています。夜はライトアップされた庭園内を歩きながら普段とは少し違ったフォトジェニックな夜を体験するよい機会になるのではないでしょうか?
 

image by PIXTA / 19054097
椿山荘の敷地内にある三重塔は、「東京の三古塔」と称されている。
 
「ほたるの夕べ」を開催 
5/18~7/3までディナーブッフェやレストラン、ステイでも蛍を満喫。宵闇に舞う蛍の光。蛍観賞の前にお楽しみいただく、華やかなお食事やトリートメントプランをご用意。海の高級食材「鮑」を主役にした「ほたるの夕べディナーブッフェ2018 ~記憶に残る特別な日~」や、シェフが蛍の情景を表現したレストランメニュー、特別に閉園後の静けさを取り戻した庭園で蛍を愛でていただける「プライベートホタルステイ~オンリーワンスイートエクスペリエンス~」、大人の夜を演出する「ほたるとスタンダードジャズを楽しむ夕べ」など、この季節限定のプランを各種ご用意いたしております。
 
 
お問合わせ先
ホテル椿山荘東京 担当:大野・喜楽
TEL. 03-3943-5506(直通)
FAX. 03-3943-1172
Email:pressroom@hotel-chinzanso.com
 
公式サイト
 
いきてる光が舞う光景を
家族で楽しむのもよいですよね!
 
#ホテル椿山荘東京 #ホタル #フォトジェニック


4/12
 - 木 -

Lifestyle / Pastel d'Occitanie(パステル・ドクシタニ)

手で作られる伝統的で
気持ちの良いアオイロ。


 
今日のトピックス概要
 
引用/
南フランスの伝統的なブルー染料によるライフスタイルブランドが
伊勢丹リビングにて初のPOP UPを開催

フランスの伝統的な青色植物染料「PASTEL」で彩られたライフスタイルブランド「Pastel d'Occitanie(パステル・ドクシタニ)」が4月18日(水)〜24日(火)、伊勢丹新宿店で初のPOP UPイベントを開催いたします。「PASTEL」染料は、10世紀に南西フランスで初めて作られ、希少価値の高い美しいブルーとして、中世ヨーロッパの美とスタイルに大きな影響を与えました。しかし、大量生産の時代へと進む中で、染料抽出に技術と手間がかかる同染料は、人々に愛されながらも、職人は姿を消しました。その後、再生不可能とまで言われていた「PASTEL」染料を今世再生させた女性、デニス・ランベール氏のアトリエ(南仏)と共に、「PASTEL BLUEのある暮らし」を体現したブランドが日本に誕生いたします。
という内容。
 
 
引用/ 今回のPOP UPでは、ブランドのデビューコレクションが初のお披露目と共に、イベントに先立ち4月11日(水)〜24日(火)の期間、伊勢丹新宿店本館5階のアートフレームで、ブランドの世界観を表現したビュジュアルプレゼンテーションも公開されます。 現代の「Art de Vivre(暮らしの芸術、生き方の技法)」に寄り添うブランドとして、時代を超えて本当の意味での豊かな暮らしや洗練されたスタイルを提案いたします。
 
ハイカラー目線
ハイカラースタッフ | HiRoyuki
・本日は、青色植物染料「PASTEL」の話題を取り上げました。みなさん、花見の時期は楽しめましたか?季節はこれから梅雨になり、初夏へと移っていきます。徐々にジメジメしたり、暑くなったりと過ごしにくいと感じる方もいるかと思います。そんな季節にこうした「アオイロ」を生活に取り入れてみるだけでも心地よさが増すのではないでしょうか?
 

 
Pastel d'Occitanie(パステル・ドクシタニ)の製品は、特徴となる気持ちの良い色あいだけではなく、たしかな職人が作り出す生地の肌さわりも保証付とのこと。クッションやワンピースなどそれを生活の中で楽しめるものがさまざまに用意されています。日本国内の服飾業でも国内生産の減少とともによいものを作り出す職人さんも減っている中、「PASTEL」のように南仏の職人とその技術を再起させる活動は素晴らしい展開だと感じました。(ハイカラーでも今後さらに深掘りしていきたいと思います)


PASTELについて
引用/ 黒海沿岸地域を原産とするアブラナ科の植物青色を抽出できる天然の染料で自然界に僅かしか存在しない 植物染料。16 世紀末まで唯一の青色染料として重宝され、聖母マリアやフランス国王が纏う衣服の色も、従来の赤色か ら青色に代わるなど、フランス人の色に対する概念に大きな変化をもたらしました。PASTEL は、一つとして同じ色には染まらない繊細で唯一無二のブルーを再現します。また、他の植物染料と違い薬剤を一切使用せずに化学染料と同等の堅牢度(日光、洗濯、汗、摩擦、酸、アイロン等の外的条件に対する染色の丈夫さの度合)を保つことができ、肌や環境にも優しく、また同染料に はバクテリアが生息しているため、経年劣化しにくく、100 年経っても美しさが色褪せないブルーと言われています。
 
 Pastel d'Occitanie(パステル・ドクシタニ)
公式インスタグラムより 
 

Pastel d'Occitanieさん(@pastel.feelglad)がシェアした投稿 -



【POP UPイベント】
会期:2018年4月18日(水)〜4月24日(火)
場所:伊勢丹新宿店本館5階=ウエストパーク
営業時間:午前10時半〜午後8時

Pastel d'Occitanie 公式サイト
 
季節をやり過ごす時、
モノに頼ってみるのはいかがですか?
 
#Pastel d'Occitanie #伝統的 #染料


4/11
 - 水 -

Beauty / エコロヴィスタ

ピンクでつながる
たいせつなこと


 
今日のトピックス概要
 
引用/
乳がんから一人でも多くの女性を守る、
ピンクリボン運動へ参画

「エコロヴィスタ」より2018年4月16日(月) “エコロヴィスタ ピンクリボンローズ”が新登場。
2017年1月に発売以来、エコナチュラルシャンプーとして人気沸騰のエコロヴィスタより、2018年4月16日(月)に 『エコロヴィスタ ピンクリボンローズ』の限定ペアセットを数量限定で発売致します。このたび発売となる『エコロヴィスタピンクリボンローズ』では、ピンクリボン運動へ参画し、売上の一部を寄付致します。ボトルパッケージは、人気イラストレーターホラグチカヨさんによる、薔薇をあしらった華やかなデザイン。香りは、ブルガリア産ダマスクローズを調合した女性らしい気品高い香りです。
という内容。
 


引用/ 「乳がんで悲しむ人を一人でも減らしたい」という想いから、乳がんの正しい知識を広め、早期発見・診断・治療の大切さを伝える運動です。ピンクリボン運動は年を追うごとに拡大し、行政をはじめ多数の企業や市民団体が取り組んでいます。

ハイカラー目線
ハイカラースタッフ | HiRoyuki
・本日は、企業とピンクリボン運動の取り組みに関する話題を取り上げました。いつも読んでいただいている方の中には、とつぜん社会派の話題!?と感じる方もいるかと思いますが、日々たのしく過ごすには健康であってほしい。そんな願いはじつは普段からあります。今日はそれをお伝えるするにはいい機会だと思い、こうした話題を取り上げさせていただきました。

乳がんでいえば、女性キャスターの
小林麻央さんが亡くなったことはみなさんも印象に残っているのではないでしょうか?他には南果歩さん、北斗晶さん、樹木希林さん、海外だとシェリル・クロウさん、カイリー・ミノーグさんなど多くの方がこの乳がんになっています。世界的に見ても日本は乳がんにかかる割合は高いとのこと。生涯の中で乳がんになる女性の割合は、1960年代後半は50人に1人だったのが、現在は14人に1人 と言われており、年間6万人以上が乳がんと診断されているというデータ独立行政法人国立がん研究センターがん対策情報センター調べ)が出ているそうです。大切なことは、早期発見。
検診は、月に一度が理想的だそうです。
 
 

 
私自身のまわりでも乳がんになった友人が。定期検診によりかなり早い段階で発見され、適切な対処ができたそうです。エコロヴィスタのようにモノとピンクリボン運動のような活動が少しずつでも広がることで、実は身近ながんとなっている乳がんの存在をもっと知ることができるのではないでしょうか?会社や職場でも女性だけではなく男性も同じぐらい乳がんに対する知識があると、よりよい環境作りができるのでは?と深く感じました。
 
 

商品名:エコロヴィスタ ピンクリボンローズ 内容量:500mL・500g
価格 :2,600円(税抜)(シャンプー・トリートメントセット価格)
 
いつまでも楽しく!は、
いつも健康。からはじまる。
 
#ピンクリボン運動 #エコロヴィスタ #乳がん

4/10
 - 火 -

Fashion / SAKIAS

絆創膏いらず
心地よいハイヒール。


 
今日のトピックス概要
 
引用/
「芝生の上を歩くような履き心地」と
言われるシューズブランド<SAKIAS>
初のポップアップショップを伊勢丹新宿店で開催

ファッションに敏感な女性たちから支持を集める、<SAKIAS>。デザイナー 瀧見サキ氏が作り出すシューズの数々は、高いヒールでも「芝生の上を歩くような履き心地」と称されている。その<SAKIAS>の2018年春夏の新作シューズがフルラインナップで揃うイベントを、伊勢丹新宿店で開催。シューフィッターの資格を持つデザイナー自身も来店し、ひとりひとりに合わせたシューズをフィッティングする。イベントでは、人気のデザイン<CATHERINE>や、<MARGUERITE milieu><BRIGITTE>の別注色が登場。
という内容。
 

ハイカラー目線
ハイカラースタッフ | HiRoyuki
・女性ならではの壁、「ハイヒールを履くとかかとが痛い!」本日は、そんな悩みを解決したハイヒールの話題です。「芝生の上を歩くような履き心地」と今話題のシューズブランド「SAKIAS」デザイナーの瀧見サキさんは、ハイヒールが大好きだけど、履くと痛くなるという悩みと真剣に向き合い、履き心地の良いハイヒールを自分で作れないかな?と考え、会社を辞めて靴作りの技術だけではなく、独学で医学まで勉強し、研究を重ねたそうです。その結果、骨と筋肉により体重と神経にかかる負荷の原因とそれを軽減させるための理想的なヒールの高さを導き出した。その研究、開発の期間は10年。結果、絆創膏いらずで美しいハイヒールはとても好評。多角的な方面から突き詰めた、ものづくりの姿勢があったからこその人気だと思えます。

SAKIASについて
引用/ 伝統的なビスポークシューズの製法を学んだ後、10年に及ぶハイヒールのラスト(木型)の研究を重ねたディレクター/デザイナー、瀧見サキにより、2012年に設立。「履いてこそ美しい」というフィロソフィーに貫かれたシューズコレクションは、ラスト(木型)の設計、フィッティングを重視したパターン、職人の手仕事によるオリジナルパーツを使用するなど、細部までこだわりが詰まっている。〈SAKIAS〉のシューズは「芝生の上を歩くような履き心地」と称され、スタイリストやエディターをはじめ、ファッションに敏感な女性たちから熱い支持を受けている。
 
瀧見サキについて
引用/ 大学卒業後、渡米。帰国後、就職を経て靴学校で伝統的なビスポークシューズの製法を学ぶ。卒業後、研究生を経て木型職人の指導の下、ハイヒールのラスト(木型)の研究を続ける。解剖学やドイツ整形外科靴について学びながら、シューフィッターの資格を取得。2012年、ファーストモデルのCATHERINE(カトリーヌ)の発表とともにSAKIASを設立


 

Saki Takimiさん(@sakitakimi)がシェアした投稿 -


 
痛くなく、美しいものがいい。
選ぶときは、わがままでもいいでしょう?

 
#SAKIA #瀧見サキ #ハイヒール
4/9
 - 月 -

Fashion / BALLYJAPAN

いろんな趣味、仕事、活動。
その原動力は何ですか?

 
今日のトピックス概要
 
引用/
BALLYキュレーターに夏木マリ氏が就任。
バリー銀座店2周年を祝しイベントを開催
東京の中心ともいえる銀座の地に世界最大規模の旗艦店をオープンして2年が経ちました。2018年バリーは、日本に置いて文化的な活動に従事し活躍されている夏木マリ氏をキュレーターとしてお迎えする運びとなりました。ブランドにとってランドマーク的存在であるバリー銀座店の2階にて、音楽や映像を通じて沢山の方にお楽しみいただけるような企画を手掛けていただきます。1年を通し、夏木マリ氏はミュージシャンやアーティストの方をお招きし、銀座店の2階を舞台にバリーのDNAである遊び心と真髄を独創的な視点で表現いたします。。
という内容。
 



ハイカラー目線
ハイカラースタッフ | HiRoyuki
・1週間がはじまりましたね!本日の話題は、BALLYと夏木マリさんの取り組みについて取り上げました。ハイカラな生き方をしている女優さんて、どんな人?と聞かれたら夏木マリさん。とすぐに出てきそうなほど、文化人としても、女性としてもハイカラな方。存在感と凛としたものを感じさせる夏木マリさん。生き方やそのスタイルは、憧れる女性も多いのではないでしょうか?
 
 

今回、そんな夏木マリさんをキュレーターとして迎え入れたBALLYは、建築、グラフィックアート、靴のデザインを始め様々なアートと深いかかわりをもった展開をしてきています。バリーの歴史と伝統そして親和性を体感してもらいたい。という想いから、1年を通して夏木マリさんとコラボレーションしていくそうです。歌手、女優、文化活動、と多岐にわたる活動の中で、1年を通して活動していく、姿勢は実にパワフルです。

そんな夏木マリさん。あるインタビューの中で「若い女性たちはどうですか?」という質問に対して、こう発言していました。
なかなかお利口さんだと思いますよ。そのお利口さんがちょっと小ざかしいという感じはします。一見、怖さを感じる発言ですが、自ら、体現している夏木マリさん本人だからこそ、言える愛のあるメッセージだと思えます。

 

インタビューより
引用/ 最近の若い女性たちはどうですか?
夏木「なかなかお利口さんだと思いますよ。そのお利口さんがちょっと小ざかしいという感じはします。今はインターネット社会ですから、頭でっかちになっていませんか?、しっかりしたスキルも持っている。だけど、ヒューマンなところというか、Face to Faceで何かやるとか、そういうのがちょっとないのかなと。
それに行動がない。行動しないと発見がありません。そこでもまれて、ハートも出てくるし、愛も出てくる。最後は愛ですから。愛を感じることで仕事しないといけない。人間は何回感動して死ぬかが問題だと思っているんですけど、感動しない仕事なんて最悪ですよね。
出典 https://www.nippon.com/ja/people/e00077/?pnum=3



夏木マリさん
について
引用/ 1973年歌手デビュー。1980年代より演劇へも活動の幅を広げ、芸術選奨文部大臣新人賞、ゴールデンアロー賞演劇賞、日本アカデミー賞助演女優賞などを受賞。コンセプチュアルアートシアター「印象派」の演出では、昨年、パリ・ルーヴル美術館公演でも成功をおさめた。映画では『鬼龍院花子の生涯』(82/五社英雄監督)、『里見八犬伝』(83/深作欣二監督)、『男はつらいよ』(90/山田洋次監督)、『千と千尋の神隠し』(01/宮崎駿監督)、『ピンポン』(02/曽利文彦監督)、『さくらん』(07/蜷川実花監督)、『パーマネント野ばら』(10/吉田大八監督)、『陽だまりの彼女』(13/三木孝浩監督)、『モアナと伝説の海』(17/ジョン・マスカー監督、ロン・クレメンツ監督)などに出演し、圧倒的な存在感を放っている
 
BALLYについて
引用/ 1851年、スイスのシェーネンヴェルトにてカール・フランツ・バリーが創業したファッションブランド。最高級のレザーを使った、機能的でモダンなデザイン性の高い靴の開発を始める。
牛革、コードバン、スエードなど様々なレザーを使用しているが、その中でもカーフレザーを靴に使用したのはバリーが初めて。1950年代初頭に孫のマックス・バリーによって生み出されたメンズのドレスシューズライン「スクリーブ」でも有名である。後にメイド・トゥ・オーダーのサービスも始まり、バリーの最高峰として現在でも人気のシリーズとなっている
続ける、実行し続ける強さ。
耳が痛いです(汗)
今週もハイカラに!

 
#FASHION #BALLY  #夏木マリ #女優


txt HaiColor

 

保存保存保存保存保存

SHARE ON

editor's Information

ハイカラー編集部

ファッション、ビューティはもちろん、モノ・コトへのこだわりが人一倍強い好奇心旺盛なクリエイターが集う編集部。ジャンルの枠に捉われないコンテンツ製作をモットーに日々奔走中。

SNS

editor's Information

  • 人気のリップ & ハンドマスター(赤)/LIP&HAND CREAMの2重構造

    ¥ 1,620円

  • 自宅でもサロンのようなヘアケアが実現! スカルプケア シャンプー

    ¥ 2,138円

  • 【お悩みの肌にオススメ】Xポイントをカバー!ALONZA(アロンザ)のコンシーラー

    ¥ 3,024円

一覧を見る