ハイカラに生きろ。 東京モード×秋メイク

Elena An / エレーナ・アン

CLIP | FASHION

2017.9.22

ハイカラに生きろ。
東京モード×秋メイク
エレーナ・アンはモードメイクでシブヤを着飾る
あなたはこの女性を知っているだろうか? 
2015年、最も美しい映画と称された「草原の実験」のヒロインを演じ、
その美貌と存在感で人々の話題をさらった。勿論、美は外見のそれだけではない。
静けさのなかに、少女のような透明感と凛としたオンナの表情(かお)が同居していて、
放たれるまっすぐな眼差しが見る者の心を掴む。
そんな彼女が纏い、ヘア&メイクアップアーティスト松井里加氏が魅せるハイカラー的、秋モード。
女の子から女の人になっても、私たちはいつまでもお洒落をしよう!


- Style 1/3


媚びないオンナは、大胆に、ラフに、潔く。
装飾ムードが漂う今秋。旬なボリュームシルエットのニットを選ぶならメイクも大胆に。

存在感のある眉で意志を示して、思い切りのいいアイライナーで色を遊ぶ。

作り込み過ぎない肌で、気張らず抜け感を演出できるのが、オトナの余裕。
 

エレーナアン、美少女、可愛い、ハイカラー
エレーナアン、美少女、可愛い、ハイカラー

ニット/SATOKO OZAWA パンツ/5-knot


- Style 2/3

強く、儚げな、ピンクグラデーション
赤は理由(ワケ)もなくオンナの気分を高揚させる。

そんなムードをさらに高めるのはセンシュアルなピンクのシャドウ。

ベーシックなメイクで大人しくしてちゃ勿体ない。

赤いドレスを着たなら、あなたの中のオンナをとことん目覚めさせるべき。
 

エレーナアン、美少女、可愛い、ハイカラー
エレーナアン、美少女、可愛い、ハイカラー

ドレス/motonari ono 


 

- Style 3/3

ダークとピュアの誘惑
ノームコア一辺倒だった時代はいつのことか。やっぱり私たちは柄も好き。

おかえりなさい、ボタニカル柄。

甘くなりすぎないようにダークな赤でジュワッと少し毒を仕込んで。

試したいけど、ナメたら痛い目みるかもって思われてるくらいがちょうどいい。


エレーナアン、美少女、可愛い、ハイカラー
エレーナアン、美少女、可愛い、ハイカラー

ドレス、首に巻いたベロアベルト/SATOKO OZAWA



Youtubeで観る
 


プロフィール
モデル エレーナ・アン(Elena An
​1998年モスクワ生まれ。女優、モデル。
韓国人の父とロシア人の母を両親に持ち、ロシア語、韓国語、英語、を操る才女。第27回東京国際映画祭で、最優秀芸術貢献賞・WOWOW賞を受賞したロシア映画「草原の実験」のヒロイン役として鮮烈なスクリーンデビューを果たす。セリフのない同作品で魅せた演技力や存在感で一躍脚光を浴び、女優として活躍中。今秋から日本でモデルとして活動を開始する中、女優活動を視野に日本語を猛勉強中。

撮影/動画撮影&編集 古屋呂敏(FURUYA ROBIN)
1990年京都府生まれ。ネイティブな英語力で俳優やモデルとして国内外で活動中。旅番組で世界中を訪れる中、趣味で各国の風景をカメラやドローンで撮影し始める。自身が撮影・編集した動画が話題になり、海外ブランドやweb媒体から動画の制作依頼が殺到。現役の俳優・モデルだからこそ表現出来るクリエイションに注目が集まる。


Model:Elena An
Hair Make-up:Rika Matsui
Photo & Movie:Robin Furuya
Styling:Yuka Kikuchi 
Direction:Daichi Nakagawa
 
【問い合わせ先】
エスティームプレス Tel.03-5428-0928

 


SHARE ON

editor's Information

フリーライター/エディター

大槻 麻衣

ファッション誌、ウェブマガジンなどで活動中。

SNS