話題のゾゾスーツも受賞。第36回「毎日ファッション大賞」表彰式&記念パーティーに潜入!

CLIP | FASHION

2018.11.27

話題のゾゾスーツも受賞。第36回「毎日ファッション大賞」表彰式&記念パーティーに潜入!
みなさんお久しぶりです!ハイカラーで勉強させてもらっているアカネルです。

11月中旬に毎日新聞社は、年間を通じてファッション分野で優れた成果を上げた個人・団体を顕彰する「第36回毎日ファッション大賞」の受賞者を発表しました。大賞は「トーガ(TOGA)」のデザイナー、古田泰子さんが受賞!また、新人賞・資生堂奨励賞に「アキコアオキ(AKIKOAOKI)」のデザイナー、青木明子さん。鯨岡阿美子賞にアートディレクターの仲條正義さん、話題賞に株式会社ZOZOの“ゾゾスーツ(ZOZOSUIT)”がそれぞれ選出されました。
 
11月22日にはこの毎日新聞社主催・経済産業省後援の「(第36回)毎日ファッション大賞」表彰式と記念パーティーが東京・恵比寿のEBiS303で開催。今回、その招待状が届いたので行ってきました!

歴史ある表彰式でどのようなことが行われているのか、全部見せちゃいます!必見ですよ〜!

 
まずは、ウェルカムドリンクをゲット
 

広い会場内にはたくさんの招待客が集まっていました!会場を見渡すと、ドン小西さんや東京コレクションデザイナーなどたくさんの業界人も来場していました。主催者である毎日新聞社の代表取締役社長の丸山昌宏さんの挨拶から表彰式が始まりました。

「毎日ファッション大賞は、毎日新聞社主催、経済産業省後援の毎日新聞創刊110年を記念して1983年に創設した表彰事業で、本賞を通じてファッションに携わる人々の優れた業績を称えるとともに、新たな才能を発掘し、より充実したファッション情報の発信を続けることで、ファッション界のさらなる振興および文化の育成に貢献していきたいと考えています」と挨拶。

 

年間を通じて最も優れた創作活動をしたブランド設立5年以内の新人デザイナーに与えられる、新人賞・資生堂奨励賞は、「アキコアオキ」の青木明子さんが受賞。繊細かつオリジナリティーあふれる服作りで鋭い感性を見事に表現し、シーズン毎に成長し続けてきたことが評価されたそうです。

また青木さんには資生堂奨励賞として、資生堂の魚谷雅彦社長から賞金100万円が贈られました。「服を装うと言うことは、ただ服を着ることではなく、新しい時代を創りだしていく文化的な価値があることだと信じて活動してきました。今回の受賞をきっかけに更に精進していきたい」と挨拶されていました。

 

ファッション界にあって、長らくその発展に寄与し、功績のあった人(グループ)に贈られる、鯨岡阿美子賞はアートディレクターの仲條正義さんが受賞。仲條さんといえば、資生堂パーラーのパッケージや松屋百貨店のロゴデザインで有名ですね!

資生堂企業文化誌「花椿」のアートディレクターを2011年まで40年以上務め、ファッション関係者に影響を与えてきたことが授賞理由となったそうです。「1966年に当時の編集長に手伝ってくれと言われたのがきっかけで、始めたら40年たっちゃった。昔は何をやっても褒められた時代があった、今は何やっても『面白くない』と言われるような時代なので昔に戻りたい」と会場の笑いを誘っていました。
 

年間を通じ、その活動が広くファッション文化に貢献し、同時に社会的インパクトを与えたと認められる人、企業・団体(分野を問わない)を対象とした話題賞は、株式会社ゾゾの「ゾゾスーツ」が選ばれました。サイズに悩まず自分だけの服選びを体験できる画期的なアイテムとして話題を呼んだことが受賞に決まったそうです!

ゾゾスーツの開発者である代表取締役の伊藤正裕さんは、「歴史ある素晴らしい賞を頂き大変恐縮している。もっと使い勝手が良く、ストレスフリーなものに進化させていきたい」と意気込んでいました。

 

年間を通じてファッションという文化活動のなかで最も優れた成果をあげた人(デザイナー、経営者、コーディネーター等)、企業、団体に与えられる大賞は、「トーガ」の古田泰子さんが受賞しました。

97年にトーガを設立した古田さんは、毎日ファッション大賞で03年に新人賞、09年に大賞を受賞し、今回で3回目の受賞となりました。05年にパリへ進出し、14年からはロンドンコレクションでショーを行い、昨年は20周年のショーを東京で開催したことが評価され、大賞の決め手となったそうです。「節目、節目に名誉ある賞をいただけて大変嬉しく思っています」と喜びを語っていました。

 
受賞者と選考委員のみなさんで記念写真をパシャリ

選考委員には、経済産業省や装苑・WWDジャパン・VOGUEJAPANの編集長などのファッション業界の著名な方々がいらっしゃいます!

また表彰式に続いて、青木さんのブランド「アキコアオキ」の2019年春夏物と過去の作品を合わせたこの日だけのスペシャルなファッションショーが行われました!
モデルのヘアメイクは資生堂ビューティークリエイションセンターが協力したそうで、どのようなショーが始まるのか期待で胸が高鳴ります…!
 

ファッションショーは3シーズンのコレクションをミックスしたもので、青木さん独自の大人フェミニンな世界に引き込まれました。

美しいシルエットラインとハイセンスなデザインに目が釘付けです。コンセプトがしっかりしているので服、モデル、演出に統一感があり、芯の強さを感じました。フィナーレではモデルが一列に立ち並び、迫力と完成度に大きな拍手がおくられました。期待以上の素晴らしいファッションショーに感無量です。。。

 

ファッションショーを終えて、記念パーティー。みんなで受賞者を祝福し軽食を楽しみながら談笑タイムのスタートです!まるでモデルのような長身イケメンウェイターさんが次々とフォトジェニックなお料理を運んできます。見た目はもちろん、味も抜群に美味しくて驚きました!

表彰式後のパーティーはとても和やかな雰囲気なので、実は受賞者の方とお話できるビッグチャンスなんです。そしてライターの私は青木さんの大ファンでして、2017年春夏の
大胆で強い女性のシルエットを見て衝撃を受け、青木さんのクリエイティブな大人の女性の世界観に一目惚れをしたことがきっかけでした。青木さんは私にとって女神のような存在なのですが、学生に対してもファッションについて丁寧にお話してくださる優しい人柄にも惹かれています。

今まで何度もお会いしたことはあるのですが、一緒に写真を何としてでも記念に撮りたくて…。軽食に手をのばしつつ、タイミングがやってくるのを静かに待ちます。。。
 

そして、なんと!ついに憧れの青木さんとツーショットを撮ることができました!やった〜!
ファンになってから3年・・・ようやく夢が叶いました。。。しかも青木さんのブランドのお洋服を着て行ったので、心に残るすてきな写真になりました。とても緊張しましたが、おめでとうございますと直接伝えることができて本当に良かったです!

お招きくださった主催者さまと青木さん、どうもありがとうございました!



第36回「毎日ファッション大賞」の受賞者一覧
大賞: 古田泰子 / 「トーガ」デザイナー
新人賞・資生堂奨励賞:青木明子 / 「アキコアオキ」デザイナー
鯨岡阿美子賞:仲條正義 / アートディレクター
話題賞:ゾゾスーツ


 

SHARE ON

editor's Information

ハイカラー編集部

ファッション、ビューティはもちろん、モノ・コトへのこだわりが人一倍強い好奇心旺盛なクリエイターが集う編集部。ジャンルの枠に捉われないコンテンツ製作をモットーに日々奔走中。

SNS