ハイカラーカバーガール モデル:ぴの

Vol.05

FEATURE |

2018.11.1

ハイカラーカバーガール モデル:ぴの
街ゆく人たちにまぎれて前へ
今は「とりあえず」に流されるように
通りや駅を通過して
ロッカーや机やそれら
とりあえずの場所へゆく。

どれだけでもたくさんの人がいて、
それだけストーリーがあって、
その主人公がいることを忘れてしまいそうになる。

ワタシの最前線を
どこかに保存しておきたい。
自分に起きる日々の中を
泳ぐだけ泳いで
いつか、懐かしむ日が来たりして...



ハイカラーカバーガール
vol.5


ぴの















自分が女性であることを
もっともっと感じたい。
ハイカラーさんに連絡して
普段と違う自分を見せて下さいと
伝えた。








私はショーダンサー大学生。
カメラマンはモデルさん。
女性であることは楽しい。
たくさんのことに嫉妬して。
ふと立ち返っても、
ふりだしではないから。








 




 
16時過ぎの御徒町。
松坂屋百貨店の屋上。
そこには小さなステージがあった。
 
 
今まで誰が踊ってきたのかな。
たくさんの人が笑顔になったのかな。
とても静かで、風が心地よかった。

 

 

今回は、はじめて一般応募から選出した方に出演していただいたのがPino/ぴのさん。毎回、不思議と共通した強さや魅力を持った人が集まるこの「カバーガール」企画。一般応募でもそうした引き合せがあることがもはや楽しみになってきたぐらい。はじめて対面した時に仕事内容を聞いてみて、行ったこともない僕は勝手な偏見を感じたのが恥ずかしいほど、ほんとのエンターティメントの魅力を彼女は丁寧に教えてくれた。その、素の魅力をみなさんにもお届けするべく僕らは撮影に臨みました。

プロフィール

Pino/ぴのさん
1995年4月3日生まれ。大学生ながらも週末は六本木のボックスディスコで有名なパーティオンガールとして活動中。その様子は、インスタグラムでご覧頂けます。
 
等身大のカバーガール

ぴのさんの出演情報

六本木 PARTY ON/パーティーオン


ニューヨーク、ロンドン、ラスベガスなどで話題沸騰中の世界一のpartyと言われるboxdiscoが日本初出店!クラブとショーとラウンジを融合させた世界観は、本物のカッコいい、本物の刺激あるヤバすぎる超体感型エンターテーメントをお届けしているボックス型ディスコ。

店舗情報
住所:
〒106-0032東京都港区六本木3丁目8−15 日拓ビルB1
公式インスタグラム @party_on_tokyo
公式サイト http://partyon.jp
 

How to Shooting

今回はWカメラマンで撮影。
ハイカラーでは初登場のカメラマン、
サブリナさんのご紹介





 
カメラマンプロフィール
SaburinaYuki/サブリナユキ
Bravo Models所属。アメリカのフォトスクールでは有名なParsonsで写真を学ぶ。モデルとしてはHurley、Billabongo,Nikeに出演した経歴もある。

インスタ
@snowsab





撮影:中川大地 #中川大地監督

How to make



まず、ぴのさんの仕事の時のような「強い女性」とは真逆のイメージを意識して本来の素材を活かしたメイクにしました。ベースメイクは、透明感のある肌を強調するためにシェーディングよりもハイライト効果を意識しました。ヘアは、カメラマン指示でいつもよりもツヤを出して演出。
 

 
衣装に合わせてブルーのアイライナーをひき、顔をシャープに見せるためにリップライナーで口角をオーバーラップしてかき、リップをシチュエーションに負けないように濃紅色にしました。

#ヒロトメイク


ハイカラー
カバーガール募集中
ハイカラーでは、
自分らしく頑張ってる女性を
応援しています。




スタッフ
撮影 サブリナ/中川大地
ヘアメイク 竹脇寛人
プロデューサー 佐藤健一郎

txt HaiColor

 


SHARE ON

editor's Information

ハイカラー編集部

ファッション、ビューティはもちろん、モノ・コトへのこだわりが人一倍強い好奇心旺盛なクリエイターが集う編集部。ジャンルの枠に捉われないコンテンツ製作をモットーに日々奔走中。

SNS

ピックアップアイテム

  • ミスクロエ【MissChloé】明るいイエローのセットアップ

    ¥ 25,000円

  • ヴィンテージ ワンピース 白

    ¥ 20,000円

  • 花柄のワンピース

    ¥ 17,000円

一覧を見る