ブログvol.2 | ヨーロッパを飛び回るハイセンスなヴィンテージバイヤーの日々

poisonvintage チサト

CLIP | FASHION

2018.8.10

ブログvol.2 | ヨーロッパを飛び回るハイセンスなヴィンテージバイヤーの日々
 
こんにちは!ヨーロッパヴィンテージのお洋服から小物まで取り揃えたオンラインショップpoison vintageのディーラーの伊志嶺 千聖(イシミネ チサト)です! (poison vintageではパートナーのマリコ)と一緒に実際にヨーロッパに行き買い付けを行っているので、ブログではお洋服の事はもちろん、情報が掴み取り辛いヨーロッパのマーケット事情や、古くから愛されているローカルから最新に至るまでの食や遊びのスポットを紹介していきたいと思います。 
 
 

 

イギリスのマーケット紹介
カムデンマーケット -Camden Market-編

前回はイギリス、ロンドンのポートベロー・マーケットについてご紹介させて頂きましたが、今回も引き続きロンドンのマーケットについて書きたいと思います。
 
 
今回はカムデン・マーケットについて!
カムデンマーケットは他のマーケットに比べると、「パンク」や「ゴス」なお店が多く、比較的に若者が多く活気があるマーケットです。雰囲気は東京でいうと原宿に近い雰囲気かな。もしかするとロンドンで一番有名なマーケットかもしれません。
 
 
 
 

前回紹介したポートベロー・マーケット(前回の記事はこちらから→)は高級住宅街の中に位置している為、落ち着いたエリアで買い物もしやすいですが、カムデンマーケットは雰囲気が全く異なるマーケットです。

カムデン・マーケットは常に人で溢れかえっている人気の観光エリアでもあるのでスリには十分に気をつけましょう。被害に合わないよう手荷物には十分に配慮を払ってください。小さめのバッグをアウターの下に隠して周りを警戒しているくらいが丁度いいかもしれません。
 


 
それではカムデン・マーケットの紹介をしていきます!
カムデン・マーケットはステイブルズ・マーケット(Stables Market)、カムデン・ロック(Camden Lock)、ロック・ヴィレッジ(Camden Lock Village Market)、バックストリート・マーケット(Buck Street Mark)の4つのマーケットがそれぞれが通路で繋がって1つの大きなマーケットエリアとなっているのです。お察しの通り、非常に広いです。
 
数回訪れているのですが、今だに迷子になって同じ道を何周してしまう事もしばしば(笑)
洋服から雑貨、家具に至るまで様々なアイテムを取り揃えるお店がずらっと軒を連ねています。 店舗総数はなんと1000軒超!歩いているだけでワクワクしてきます。そしてキョロキョしながら歩いてしまうと、まんまと迷子になります(笑)
 


こちらはヴィンテージ家具のお店です。重厚感のある家具が多くて可愛かったな。
 

 
カムデンをこよなく愛したエイミー・ワインハウの銅像もステイブルズ・マーケットに設置されています。
 



カムデン・ロック内のこちらのお店は、可愛い洋服やアクセサリーがお手頃価格でザクザク発見できます。マリコと私もよく私物を物色しています。あえてお店の名前は表記しないので、エリア内を探検して楽しみながらお店を探してみてください!
 



ステーブルズ・マーケットの向かいにあるカムデン・ロック・ビレッジ(Comeden Lock Vi llage)は世界各国のフードが集まっている為、ランチにオススメ!
インド料理、中華、メキシカン、ハンバーガー、地中海料理、和食、スウィーツ、なんでもある上にボリューム満点!ロンドンのファーストフードより安価で美味しいB級グルメが堪能できます。
 
マリコはいつも1番甘そうなお菓子を買うのをルーティーンにしていて(笑)お菓子で糖分チャージしてるよ!
 
カムデン・マーケットは個人的にファーやレザー素材の冬物コートの宝庫だと思っています。可愛いアイテムが安くで見つかるのですがコートとなると、かさばる上に重いので数を購入できないのが切ないところ。(笑)
いつも厳選するのに苦戦しています。。


エリア内は石畳が可愛く、フォトジェニックポイントが多数あるのも嬉しい!


また、カムデン・マーケットはリージェンツ運河に隣接しています。
冬場に行く場合は防寒対策が必要です。ロンドンの中心部に比べて体感温度が2~3度近く寒く感じます。
 
ちなみに、カムデンのマーケットのうちの一つのカムデン・ロックの「ロック」とは、リージェンツ運河の水門を意味しているのです。産業革命中の19世紀初頭に、石炭を製品を運ぶ為に製造されたもので、パンクな街でイギリスの歴史や情緒を感じる美しい景色を眺められるミスマッチなところも不思議な感覚で面白い!
 

川沿いを15分ほど歩くと映画『ハリーポッター』のロケ地にもなった「ロンドン動物園(London Zoo)」まで行けるのでカムデン・マーケットからのお散歩コースとしてもオススメです!
 
また、カムデン・タウン駅の近くにはインヴァネス・ストリート・マーケット(Inverness Street Market)があり、衣類や観光のお土産を売るお店もあります。
 
とても見所が沢山ある広いエリアなので、自分なりのお気に入りのルートを作ってカムデン・マーケットを楽しんでみてください!


カムデン・マーケットの詳細はこちら⤵ですが、マーケットは流動的なのでシーズンによって開催内容や日時が変わる場合もあります。なので行く前に最新の情報を必ず確認してくださいね!
 
【住所】Camden Town London
【アクセス】地下鉄ノーザン線「カムデン タウン(Camden Town)」駅下車 徒歩約5分
【営業時間】毎日開催10:00~18:00(店舗により異なる場合があります)。
 
 VOL.1はこちら > 


プロフィール


poisonvintageプワゾンヴィンテージ
ディレクター・バイヤー

伊志嶺 千聖(イシミネ チサト)さん・26歳
沖縄出身。大学進学を機に上京。大学在学時はスペインのトマト祭り、アメリカのルート66をスタートのゴールまでの全長3750kmを車で横断、アフリカ周遊などマニアックな旅行を好みながら各地の美しい工芸品やヴィンテージを収集。そうした中で世界中の美しい物をセレクトしたいという思いから、比嘉とpoison vintageを立ち上げ今に至る。


 

チサトさんは
カバーガールにも出演中!
合わせてご覧ください



Information

poisonvintage/プワゾンヴィンテージ

txt HaiColor


SHARE ON

editor's Information

ハイカラー編集部

ファッション、ビューティはもちろん、モノ・コトへのこだわりが人一倍強い好奇心旺盛なクリエイターが集う編集部。ジャンルの枠に捉われないコンテンツ製作をモットーに日々奔走中。

SNS

ピックアップアイテム

  • 口コミで人気の発売【自宅で体をスリムに】ソリデンテ南青山より スリリングソープ/ミオドレ

    ¥ 4,860円

  • ノンファイバーでオススメ商品!マジックフィルムマスカラ/フォレンコス

    ¥ 2,484円

  • 使い続けることでお肌の美白効果を期待!ヒト幹細胞美容液 / エックスポインツクリア アロンザ

    ¥ 19,440円

一覧を見る