夏の表参道ヒルズで 見て、体感して、涼む「舘鼻則孝 リ・シンク展」

舘鼻則孝 / NORITAKA TATEHANA

CLIP | CULTURE

2017.8.9

夏の表参道ヒルズで 見て、体感して、涼む「舘鼻則孝 リ・シンク展」
“アーティストとしての舘鼻則孝”に、
ちょっと触れてみませんか?

 
“レディ・ガガのシューズデザイナー”として一躍有名になった舘鼻則孝が、自身の作品はもちろんのこと、創作活動のプロセスやルーツまでを、表参道ヒルズ スペースオーにて、8月20日(日)まで無料公開している。
 
展覧会のタイトルは「RETHINK(リ・シンク)」。 舘鼻はこれまでも、過去と現在を行き来し、日本文化の伝統を現代に生きる自分の感覚とコラボレーションさせながら制作を行ってきた。 “リ・シンク=見直す”というその行為こそ、舘鼻のクリエイションにおいて無くてはならない重要なプロセスなのだ。
 
 
パリのカルティエ現代美術財団で公演された人形浄瑠璃文楽の舞台セット(2016年)
パリのカルティエ現代美術財団で公演された人形浄瑠璃文楽の舞台美術(2016年)
 
表参道ヒルズ地下3階に設置された会場に入るとまず、パリのカルティエ現代美術財団で舘鼻が初監督を行なった人形浄瑠璃文楽の舞台セットや七宝模様の平面作品が目に入り、さらに進んでいくと、代表作『ヒールレスシューズ』をはじめとする数々の過去作品とともに、アーティスト・舘鼻則孝のルーツともいえる自身所蔵の『花魁』の浮世絵や写真が展示されている。
 
初公開の作品が展示されている空間。
 
そしてその奥には、和傘の装飾が施された真赤な空間が—。会期中限定の「トラヤカフェ・あんスタンド」とのコラボレーション茶屋だ。来場者は無料で、限定のかき氷やあんボーロを楽しみながら、涼むことができるスペースとなっている。
 


「トラヤカフェ・あんスタンド」とのコラボレーション茶屋。

 
会期中限定で来場者に無料で提供されている「あんペーストかき氷」(左)と「あんボーロ」(右)。
 
また、花魁の浮世絵が壁一面に施された喫煙スペースでは、本展覧会に向けた舘鼻のスペシャル解説映像も鑑賞出来る。
 
舘鼻とJTとのコラボレーション第二弾となる電子タバコ「プルーム・テック」用の『Theory of the Elements』も展示されている。

会期中は本展覧会のための新作演目として、花魁を題材とした公演も行われる。舘鼻の世界観をより一層引き立てる、花魁の妖艶なパフォーマンスは必見。
 
花魁公演は会場内と特設舞台にて開催される。開催時間は毎日13時、15時、17時の3回公演。(最終8月20日は13時、15時のみ開催)

 
「今回の展覧会では初めて空間を作るところから自分で行いました。来場者が気軽に入ってアーティスト・舘鼻則孝の作品を身近に感じながら、茶屋でかき氷やお茶菓子を食べて涼んだりお喋りをしたりしている。表参道ヒルズという開けた場所だからこそ、そんな空間になったら良いな、と思ったんです」。舘鼻は、今回の展覧会について、そう語った。
 
まだまだ暑さが続く、8月の表参道。「舘鼻則孝 リ・シンク展」でアートに触れ、冷たくて美味しいかき氷で、ちょっと涼んでいきませんか?



【イベント情報】
舘鼻則孝 リ・シンク展
期間 〜8月20日(日) ※開催中
時間 11:00-19:00(最終日 16:00閉場)
会場 表参道ヒルズ スペースオー
料金 無料(限定スイーツ 数量限定・無料配布)
#NoritakaTatehana #Rethink #OmotesandoHills
 

Photo:Robin Furuya(sora inc.)
Text:Rie Hayashi


【お問い合わせ先】
館鼻則孝 リ・シンク展事務局
Tel:03-6380-9911
http://rethink.noritakatatehana.com




 

SHARE ON

editor's Information

林 理永

フリーランスの編集者、ライター。ファッション誌の編集アシスタントを経て独立。現在は、女性誌や書籍、WEBを中心に活動し、「編集」という枠でイベントプロデュースにも携わっている。

SNS